トップタロット>考え方の違い

考え方の違い  ↓相談内容の詳細は、こちら

 「彼とは付き合って9ヶ月になります。これまで大きなトラブルもなく順調に交際してきました。

 先日、共通の知人が結婚することになったことから、2人の間で結婚の話になりました。私も、彼との結婚を意識しないではないという感じだったので、雑談とはいえ、そんな話が出て、なんかうれしいなと思いました。

 でも、私が「あんまり年齢が行く前に子どもを産みたいな。一人っ子はいやだし。」みたいなことを軽い気持ちで言ったら、彼が怪訝そうな顔をしたので尋ねると、彼は、「もう少し、仕事を続けたいとか言うかなと思った。」と言いました。さらに聞くと、彼から、「実は、僕はあまり子どもはほしくないんだ。将来、子どもを養うためだけに必死で働くような人生は送りたくない。夫婦2人で稼いで、時には食事に行ったり、趣味を楽しんだりする人生が理想。」と言われてしまいました。

 私は、とても驚いたのですが、これ以上、この話をしない方がいいと思って、話題を変えてしまいました。でも、それ以来、彼の言葉がずっと引っかかってます。私も自分の将来のことを漠然としか考えていなかったのですが、やっぱり、いつか子どもを持ちたいと思っていて、彼の理想とは違っているようです。

 私はこれから彼との交際をどのように考えていけばいいのでしょうか。」

  タロットのトップページへタロットの恋愛編へ|     ↓おばちゃんのリーディングは、こちら

現状;剣7R  「剣を持ち出した人が、後ろを気にしながら忍び足で歩いているカード」が逆位置で出ています

相談者;棒9、金貨ページR  「9本の棒を立てかけ、頭に包帯を巻いた警戒中の人のカード」が出ています
「花の咲いた原っぱで、金貨をささげ持った男の子のカード」が逆位置で出ています

このカード、今のあんたの心情や。棒の9の人は、頭に包帯を巻いて、身構えるように警戒してはるやろ。頭の怪我は、彼とのやりとりがあんたにとって、そんだけショックやったってことや。

でもな、あんたは意外な彼の言葉を聞いて、これまで将来のこと、漠然としか考えてこえへんかったと感じたんやろ。それに、彼の気持ちも、もっとよくわかるようになりたいってふうにも思ったんとちゃうやろか。

ここに金貨を掲げた子どものカード出てるやろ。この子は、まだまだ未熟やけど、一歩、一歩前進していこうという気持ちは誰よりも強いんや。あんたも、このカードと縁があったということは、こっから、こつこつとがんばっていける人なんやと思うで。

彼;金貨クイーン、棒6  「美しい庭園の中で、金貨を手に、うつむき加減に座っているクイーンのカード」が出ています
「白馬に乗り、仲間とともに凱旋する人のカード」が出ています

おや、クイーンのカードや。これはあんたのこっちゃ。彼の心ん中には、ちゃんとあんたがいるんやよ。

しかも、彼から見たあんたは、芯がしっかりしてて、どんな時にも、信じられるような存在や。

となりのカードも凱旋のカードで、彼は、あんたと恋人同士になれたことをよかったと本心から思ってるようや。女性としての愛情といっしょに、パートナーとしてやっていける相手だとも意識してると思うで。

してはならないこと;力、聖杯キングR  「ライオンをやさしく従えた白い服の女性のカード」が出ています
「海の上の玉座に、聖杯を手に座っているキングのカード」が逆位置で出ています

力のカードが出てるなぁ。このカードは、男女関係について大事なことを教えてくれてるんや。あんたらの場合は、間違いなく、このライオンが彼で、この女の人があんたなんやろな。

ライオンは百獣の王と言われる存在や。でも、ここでは、はるかに非力なこの女の人に甘えるような感じで従ってるやろ。ライオンにとって、この女の人は、心を許せる相手で、彼はここでリラックスして、そしてまた、外の世界でがんばっていくんや。

あんたらの関係もちょっとそんなことがあるんや。一見、彼の方が、しっかりしてるように見えるかも知れへんけど、意外に彼はあんたに甘えてる面があって、でも、そうすることによって、彼は彼らしくやっていけるんやと思うで。2人の関係を深めていくには、そういう面を大事にしていくことやろね。

やることやらへんで、女性に甘えてばっかりいるような男はバツやけど、他で気を張り詰めてがんばってるような人には、時には、ゆっくり休んでもらえるような存在になってあげることも必要やよ。あんたは、あんまり意識してへんかも知れへんけど、そういう女性特有の包容力をどこかに持ってるタイプなんやと思うで。

アドバイス;聖杯エースR、金貨3  「水の流れ出す聖杯を載せた聖なる手のカード」が逆位置で出ています
「教会の前で、相談をしている3人の人のカード」が出ています

そうやな、あんたら2人は、深い愛情で結ばれた関係を築ける可能性のある組み合わせやと思うし、ここはあんたにとって、がんばりどこかも知れへんな。もちろん、彼とあんたで子どもについての考え方が違てるちゅうことは、結構、大きい問題や。でもな、まだ、あきらめるんは早いと思うで。

ここに金貨3のカードが出てるけど、このカードは役割分担のカードや。この3人は、共通の目的に向かって、それぞれ違う役割を担ってるんや。それぞれが持ち場でがんばることによって、何かを成し遂げることの象徴や。

あんたらの場合も、これまでは、この人素敵な人やな、この人といると楽しいなって感じで付き合ってきたんやろけど、そろそろ、この人とどんなふうな役割分担ができるんか、考える時期が来てるちゅうことやろね。

あんた、これまで将来のこと、漠然としか考えてけえへんかった、って言うたやろ。でも、それはそれで、これから柔軟に将来を考えていけるちゅうことでもあるで。

なんとなく、子どもがほしいと思てた・・・でも、あんたは、もし、結婚するとしたら、どんなあり方がええって思ってるんやろ。あんた自身は、仕事についてどんなふうに思ってるんやろ。結婚しても続けやすいような職場で働いてるんかな。子どもを産んだら、その後は、どうしたいんかな。そんなかで、絶対はずされへんことと、相手の考え次第であわせられそうなこと、じっくり考えていったらええと思うで。

それとな、彼があんまり子どもほしくないって言ったのは、なんでやろね。ひょっとしたら、彼のお父さんとかが、外で働いて家庭にお金を運ぶだけのような人生を送って、今、濡れ落ち葉みたいになってしもて、彼にしたら、あんなふうになりたくないと感じてたり、とかもあるかもな。それから、彼の職場はどうや?ひょっとしたら、少し年上の家庭のある男性の働き方を見て、軽い不安や不快感を感じてるんかも知れへんな。

まず、そのへんの彼の心情を探るとこがスタートになるかな。ただ、急ぎすぎて、こないだのあの発言、なんなのってふうに持っていくのは、あかんで。ここに出てる聖杯から水の流れ出してるカードも金貨のカードも、ゆっくりと進んでいくことを勧めるカードやからな。

むしろ、彼が子どもはあんまりほしくないって言ったことは、忘れたような顔をして、2人でゆっくりしてる時に、彼の家庭の様子とか、職場の話をさりげなく持ち出したりして、あんたは聞き役になってみるこっちゃ。そして、彼の心情をまず、受け止めてみてな。

結婚してから、お互いの家庭についての考えのずれに気がつくカップルも少のうないと思うで。そやとしたら、今、こうやって、じっくりと将来像について考える機会があるちゅうことは、ラッキーなことや。

家庭ちゅうもんは、子どもがいるから幸せ、いないからそうやないってふうに単純なもんやない。また、昔、思ってたんとほぼ同じ感じになったから幸せ、昔、思ってたんとは全然違うようになってもうたから不幸てなもんでもない。

要は、お互いの心の声に耳を傾けて、2人でどんな道を見つけられるかやと思うで。ちゃう言い方をすんなら、この人の言うことやったら、ちょっと自分の思いと違うけど、やってみよかと思える相手なんかどうか、お互いに問われてるんやと思うで。

あんたらは、今、ちょうど、そういう道の入り口に立ってるんや。これから、これまでと違った意味で、2人の関係を作っていくことになるんやよ。勇気を出してがんばってみてな。

ここだけの話

このテーマ、難しいです。私自身も、まだ答えがでていません。だから、迷いをかかえたままカードを持つことになってしまいました。そういうこともあります・・・。

結局、リーディングは、まだまだ入り口だよ、しばらく2人で悩んでみ、という結論でした。彼の言葉も、彼女の言葉も、まだまだ深い考えがあってのものでもなさそうだし、のるかそるかになるのは、まだ先なのでしょう。そこへ至るまで、2人でもう少し旅をしてみ、って感じです。

私は、というと、10代の頃は、結婚しないかもって思ってました(私の世代には少数派かも知れません)。でも、結婚して、それでも、子どもは持たないかもって思っていたのに、今、人の子の親をしてます。幸せかって聞かれたら、まぁ、幸せだよって答えることでしょう。どんな人生になっても、そうなってしまったら、そこでがんばる以外の道はないし、それも含めての人生だもんね・・・と例によって、うそぶいております。