トップタロット>また、派遣・・・

また、派遣・・・  ↓相談内容の詳細は、こちら

 今の会社には、大学を卒業してすぐ、派遣で勤めはじめました。本当は、正社員として、できれば経理や人事の仕事をしたいと思っていたのですが、就職活動でうまくいかず、仕方なく、派遣社員になったという経緯です。

 仕事は営業事務です。本来業務以外に雑務を言われたりも結構ありましたが、こうなった以上、できるだけのことをするしかないと考えて、自分なりにがんばってきました。そして、それが認められたのか、勤め出して2年目の終わりに、契約社員になることができました。

 多額ではないけれど、ボーナスももらえるようになり、一度、私が出した改善提案が優秀賞に入り、金一封をもらったこともあります。それなりに楽しく働いていたのですが、契約社員になって4年目の去年の秋に、勤めていた会社が、大会社の傘下に入ることになりました。正社員の人も、将来について不安そうにしていたのですが、私たち契約社員は、その大会社のグループ企業である人材派遣会社へ転籍して、今までどおりの仕事をするという話になりました。

 もちろんその話を断ることもできたのですが、そうすれば、おそらく雇用契約を打ち切られるのは目に見えていたので、仕方なく派遣社員に戻ることにしました。そして、この4月から、また派遣で、これまでと同じ仕事をしています。

 ただ、どうしても、今までのような気持ちで仕事をすることができなくなってしまいました。なんで、こんなふうになってしまったのかと思ってしまいます。」

  タロットのトップページへタロットの仕事編へ|     ↓おばちゃんのリーディングは、こちら

現状;女司祭長  「書物を手に、正面を向いて、青いローブを着て座ってる女司祭長のカード」が出ています

手に書物を持った、清らかな女司祭長さんのカードや。彼女は、すでに高い地位にあるけど、今でも書物を手から離さへん。時間を見つけては、書物を開いて、勉強を続けてはる。彼女の勉強は、生涯続くんやろな。

なんか、もやもやしてる時は、彼女のようになってみるのも、ええんかも知れへんな。勉強は、学生の間だけするもんやない。むしろ、学校を卒業して大人になってから、その人なりの、ほんとの勉強が始まるんかも知れへんな。

これからも、自分を磨き続けることは、ごっつい意味があると思うで。また派遣に戻ってしもたことは、ショックなことやろけど、あんたに授けられてる力からすると、このピンチをチャンスに変えることもできるんとちゃうやろか。

相談者;金貨2  「波を背景に、2つの金貨を操るピエロのカード」が出ています

金貨を使ったパフォーマンスを披露してるピエロさんのカードや。このピエロさん、まだ、ほんのかけ出しや。でも、自分にできる精一杯の芸を見せてるとこや。

これは、そのまんま、今のあんたの姿なんやろな。これまでも自分の精一杯の力でがんばろうとしてきたってことや。

転職の可能性;棒ナイトR  「今にも駆け出しそうな馬に乗ったナイトのカード」が逆位置で出ています

状況からして、すぐにでも転職のチャンスを探そうという気持ちになるかも知れへんな。でも、あわてて、勢いだけで進むんはやめた方がよさそうや。

馬を駆り立ててるナイトのカードやけど、今、逆位置で出てるやろ。エネルギーにあふれてんのは、悪いことやないけど、このままやと、どこへ跳んでいってまうかわからへん。最悪の場合は、突っ込んでいってしもうて、怪我でもしてまいそうや。
なんか今より、よさそうというノリだけで、進むんは危険な時や。

今すべきこと;剣8R  「目隠しをされて縛られて、剣に囲まれた赤い服の女性のカード」が逆位置で出ています

目隠しをされて、身体を縛られてしまって、剣の中にとらわれてる女の人のカードや。でもな、このカード不思議なカードで、よう見たら、脚の方は縛られてなくて、自分の力で動けそうやし、剣の方もこっち側に隙間があって、そこから抜け出せそうやろ。この女の人、実は、誰かに捕らわれてしもうたんやのうて、自分で、自分のこと、動けなくしてしもてるようなんや。

このカードは、あんたへのヒントやと思うで。あんたも何か、先入観ちゅうんか、思い込みに捕らわれて、自分で自分を縛ってるんかも知らへんで。何か、思い当たる節ないんかなぁ。これからのあんたの仕事を考える時に、次、どうしょうかということ以上に、自分と会話せなあかんのかも知れへんで。

ただ、逆位置でこのカードが出てるから、束縛から逃れられる可能性が高いと言えるで。まずは、思いっきり伸びをして、深呼吸してみてな。意識的に視野を広く取るよう心がけるこっちゃな。

今の仕事;剣クイーン  「わきあがる雲を背景に、剣をささげ持って座っているクイーンのカード」が出ています

おや、剣を携えたクイーンのカードや。頭がようて切れそうやけど、人にも自分にも厳しくて、ちょっと近寄り難い感じの女性や。キャリアウーマン系かもな。今の仕事の関係で、こういう女性、いてはれへんか?

あんた営業事務やってるってことやから、会社の営業の人とかかも知れへんな。心あたりあるんやったら、その人との縁を大事にしてみてな。これからのあんたにとって、ヒントになることをくれる人かも知れへんで。

行動の指針;聖杯2R  「同じ大きさの聖杯を手に、向かい合う2人のカード」が逆位置で出ています

手に聖杯を持った幸せそうな二人が見つめ合ってるカードや。二人の聖杯は、同じ大きさで、贈り物を交換するようにそれを交換しはるんかなぁ。でも、今、逆位置で出てるから、あんたが与えるもんと受け取るもんのバランスは取れてへんってことや。

今は、自分がやってることに対して、それに見合う評価や処遇が得られてへんって感じることも多いやろな。そりゃ、一生懸命やってきて、契約社員になれたのに、また、派遣に戻らなあかんって、ショックなことやで。そんなふうに感じるん当然やと思うわ。

でもな、このカードがわざわざ出てきたってことは、今はそれを甘んじて受けなあかん時やってことや。人生はいろんな時が巡ってくるやろ。大きくジャンプする前には、身を潜めて、かがみこまなあかんもんや。なんや損してるって愚痴は、あんたの正直な気持ちやろし、それはようわかるで。そやけど、次の一歩のために、その愚痴は、表に出さず、封印した方がええ。損してることを飲み込んだ上で、日々の仕事はこなすんや。

隠れている問題;愚者R  「片手に花を、片手に小さな荷物を持って、ふわふわと歩く愚者のカード」が逆位置で出ています

おや、愚者のカードや。この愚者は、何もんにも縛られへん、自由人や。暖かい日差しがあって、目の前にこれまで知らなかった風景が広がっていれば、そこに幸せを感じることができるんや。でも、このカードも逆位置で出てるやろ。

これは、やっぱり、さっき、出てた剣8のカードと同じようなメッセージなんとちゃうかな。どっかで、自分を縛ってしもてるとこがあるように思うんや。ちょっとこの話は、後でしようか。

過去;聖杯5  「足元の倒れた3つの聖杯をうなだれてながめる黒い服の人のカード」が出ています

肩を落として、倒れた聖杯を眺めてる人のカードや。これは、あんたが仕事に関して、挫折を経験してきたってことや。就職活動の時のことや、今、派遣に戻ってしもたこともやろな。

アドバイス;月  「月に吼える犬と狼と、水から這い上がろうとするザリガニのカード」が出ています

暗い夜に月の光を頼りに、湖を這い出し、新天地を求めるさそりのカードや。彼に行く手には、狼やら犬やら、関門が待ち受けてる。でも、彼は夜陰にまぎれて、密かに、自分の道を進んでいくんや。不安ももちろんあると思うで。それでも、彼はとどまることより、変化を求めるんや。今のままでは、いけないことがわかってるからや。

今の仕事は、どうやら長いこと続けるだけの価値はなさそうや。そうすると、転職ってことになるやろけど、今すぐ、単に条件だけ見て、仕事を変えるんは、ようない。今は、転職に向けて、態勢を整える時期なんやろ。今の仕事は、なんや面白ないと思ってても、何食わぬ顔で続けて、支払われるお給料はしっかり受け取って、月のカードが示すように、こっそりと次の一歩のための準備を始めるんがええと思うで。

まずは、最初の女司祭長さんの示すとおり、自己研鑽やなぁ。当たり前の話やろけど、再就職を狙おうと思ったら、資格の有無は大事やろ。昔、経理や人事の仕事がしたいと思ってた頃があったんやったら、簿記の資格とかは持ってはるんかな?そこに磨きをかけるのも一手や。他にも、再就職に有利になりそうな資格試験を目標に、勉強に取り組んでみ。この1年で、就職戦線を戦うための武装を整えてみてな。

そやけど、もう一つ大事なことは、剣8Rや愚者Rが示してることなんや。この2枚は、自分で自分を縛ってるってメッセージやからな。ここは、自分でよう考えなあかんと思うで。

ひょっとしたら、学校卒業して、どっかの会社に就職して、事務系の仕事をしてって進路に、いつの間にか縛られてたかも知れへんなぁ。そうやったら、いっぺん事務系の仕事っていう縛りを意識的にはずしてみた方がええ。まぁ、もっぺん考えてみて、やっぱり事務系の仕事がええって思ったら、それはそれでええんや。でも、今は、視野を広くとるんが大事やで。

そやな、求職情報を見るにしても、軽い気持ちでぱらぱらとページをめくってみ。真剣に探すんやのうて、あっ、こんな職種がある、とか、そんなふうに眺めてみるのも、今のあんたには、意味があると思うで。そんで、やってみたいって気持ちがあるんやったら、できない理由を探したりせんと、そのためにできることを考えてみ。なんせ、今のあんたは、仮面浪人生みたいなもんなんやから。

自己研鑽についてもな、次の就職に絶対役に立つやろって分野の勉強だけやのうて、あんまり役にはたたんかも知れへんけど、前から気になってたっていう分野にも目を向けてみてな。それは、就職に直結しないかも知れへんけど、長い目で見た時、あんたにとって、大切なものになってくこともあり得るやろ。間口を広くとるのが大切な時やからな。

今回のことは、就職活動への再挑戦のチャンスを与えてくれたようにも思えるで。不安や不満もいろいろあるやろけど、会社には内緒で、しっかり準備して、次のチャンスをがっちりつかんでな。